Get Adobe Flash player

アスファルト舗装を行うにあたっては、工事を依頼するにあたって頼れる相手が必要です。
様々な業者がいるものの、その業者の選別は素人にとっては難しいことは間違いありません。
その選別を行うためには、どこを見て決めればよいかを知ることが必要です。

まず、価格だけで全てを決めるのは避けたいところです。
価格はまず地域差がありますし、その地域ならではの適正価格があります。
施工する地域によって気候は違いますし、地盤の強度は違います。
雨がよく降る地域ならば水はけが重要ですし、地盤が弱ければ舗装をしっかりと厚みを取って完成させる必要があります。
たくさんの要素が絡み合って、工事に必要な費用が変わってきます。
いろいろな業者に見積もりをとってもらうことは当然必要ですが、単純に見積額を聞くだけでなく、その具体的な詳細が聞けるとベターです。

実際に依頼をするときには、その業者が自分の地元で工事を行っているかどうかをチェックすると良いです。
暫くの間、アスファルト舗装を行っている業者を色々とチェックしてもよいです。
工事を引き受けてくれるかどうか、それを確認するために重要です。
同じ作業を引き受けるにしても、その現場への移動時間の関係から依頼を断られることがあります。
また、依頼を受けたとしても交通費が上乗せされて工賃が上る可能性もあります。
そのため、前提条件として地元密着の業者を利用するほうが良いです。

そして、その業者の中でも信頼できるパートナーかどうかは、表彰状に見て取れます。
優良工事表彰がなされているところであれば、信頼して作業を任せることができます。
なぜならば、その作業の品質を国や自治体が表彰しているのがこの制度です。
つまり、公共レベルで認められている、最も効力が強い作業の信頼度を表す制度です。
この表彰を受けているかどうかで、技術力や仕事に対する熱量も見えてきます。

他にも、自社で材料を作ったりしているかどうかは作業に必要な原料費の差に直結します。
そして、業界内の協会に加入していれば、講習会などで常に技術指導を受けているといえます。
アスファルト舗装を行ってくれる業者を探すなら、まずはその品質を会社のことを調べるところから知るべきです。

アスファルト舗装を行うための工事は、専門家に依頼しないと損をします。
それはまず、道路の基礎となる路盤と路床をしっかりと固めることが求められるためです。
人力で作業を行うよりも、専門業者が保有する機材を利用して圧縮しないと、実用レベルの路面にすることは不可能です。
そしてそういった機材を扱うことができるのは、専門業者の人間のみです。
素人がいきなり使おうとして使えるものではありません。
せっかくアスファルト舗装を行っても、基礎が完成していないと簡単に壊れます。
自動車の重量や走行の衝撃は思っている以上に大きなものです。
そのため、この部分をおろそかにすることなく、工事を発注することは非常に大きな意味があります。
基礎が完成していない路面は、だんだん沈下して崩壊することが目に見えています。

実際の構造から見て、路床となる土や路盤となる砕石をしっかりと押し固めた後、アスファルトはおよそ5センチ程度の厚みになるように塗布されることが多いです。
大型車が乗り入れることがあるかどうかによってこの基準は変化して、大型車が使うことがないと明らかな場合はもう少し薄めの塗膜になることもあります。